パンク・ロックの無料試聴と動画。PVからライヴ映像まで!!

スポンサードリンク

パンク、ロック系の洋楽・邦楽アーティストのPVやライヴ映像を無料で楽しめる音楽サイト。楽曲の収録作品は勿論、ちょっとマニアックな情報もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Punk Rocks~パンクとロックの無料試聴・動画コレクション~posted

スポンサー広告Punk Rocks~パンクとロックの無料試聴・動画コレクション~TOP↑

Plastic Tree/バカになったのに

プラトゥリがカバーした『バカになったのに』と、The ピーズのオリジナルと聴き比べてみると。
こちらはどうも、『バカになった』のは自分じゃなくて身近な誰か、に聞えるのは……“パンチパーマでパンク”ってフレーズがプラトゥリのイメージにそぐわないからなんでしょうか?


プラスティックトゥリー/シロクロニクル(5thアルバム)



ちなみにプラトゥリ版『バカになったのに』は、音楽情報番組『saku saku(サクサク)』の木村カエラ時代に、2003年6月のエンディングテーマとして流れていました。

Plastic Tree/バカになったのに




Punk Rocks~パンクとロックの無料試聴・動画コレクション~posted

スポンサーサイト
日本のパンク・ロック/ハ~ホPunk Rocks~パンクとロックの無料試聴・動画コレクション~TOP↑

Theピーズ/バカになったのに

Theピーズのデビュー曲、『バカになったのに』。当時この詞に共感した人が結構多かったみたいですね。2003年には、Plastic Treeがカバーしています。
この曲に限らず、ピーズの歌詞は色々な意味でリアルです。初期の曲はアホな日常ネタや下ネタも多かったんですが、アホな歌詞でも、内容は結構深いですよ。

Theピーズ/グレイテスト・ヒッツ Vol.1
グレイテスト・ヒッツVol.1


『グレイテスト・ヒッツVol.1』ですから、勿論『Vol.2』もあります。しかし、ベスト盤ではなく、1stアルバムとして2枚同時発売でした。
カステラ(Vo.大木温之の双子の弟・大木トモユキがボーカルだったバンド)も好きな人は、『ブリーチ』を聞いて、ニヤリとしたとかしないとか。


Theピーズ/バカになったのに





Punk Rocks~パンクとロックの無料試聴・動画コレクション~posted

日本のパンク・ロック/ハ~ホPunk Rocks~パンクとロックの無料試聴・動画コレクション~TOP↑

パンクロック試聴・動画 追加しました

パンクロックス・カテゴリー(目次)

ブロとも申請フォーム

リンク


Punk Rocks~パンクとロックの無料試聴・動画コレクション~
since2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。